素晴らしい演劇との出会いがあなたの人生を豊かに

現在のページ:トップページ
­
文字サイズ:
  

劇団青年座「朝食まで居たら?」

◆例会日程

アリオス中劇場

2017年
1月25日(水)開演6:30
1月26日(木)開演1:00
※上演時間2時間30分(休憩15分)

作=ジーン・ストーン  レイ-・クーニー

演出=伊藤 大

出演=津嘉山 正種、野々村 のん、高松 潤

原題は”WHY NOT STAY FOR BREAKFAST?”
日本においても数々の作品が上演されてきた英国のウェルメイド喜劇の第一人者
レイ・クーニーとジーン・ストーンの共作。
1970年の初演からロンドンで約5年間ロングラン公演されました。
青年座のプロデューサー金井彰久の企画・製作により
『氣になるルイーズ』のタイトルで1993年に上演した本作を、
今回は、青年座公演として『朝食まで居たら?』のタイトルに変え、
日本人の感性に合った人情喜劇として新たに創り上げます。

◆ストーリー

ロンドン北西部のハムステッドにあるアパート。
そこに住むジョージ・クラークは、18年間無遅刻無欠勤の地方公務員。
その几帳面すぎる性格が災いして妻には逃げられたが、
今はアパートでの独り暮らしを楽しんでいる。
9月のある夜、キッチンで夕食の準備をしていたときのこと、
同じアパートの2階に住んでいる妊婦ルイーズ・ハミルトンが、
同居していたヒッピーの男友達と喧嘩してジョージの部屋に転がり込んできた。
ジョージは体よく追い返そうとするが、突然ルイーズの陣痛が始まった!
「病院で産むのはイヤ」と意地を張るルイーズに根負けしたジョージは、
出産の準備に大わらわするのだが…

全ての上演作品を見る