素晴らしい演劇との出会いがあなたの人生を豊かに

­
文字サイズ:
  

劇団俳優座 「八月に乾杯!」

◆例会日程<アリオス中劇場>

2020年

7月9日(木)開演6:30

7月10日(金)開演1:00
 ※上演時間2時間10分(休憩15分)

作=A・アルブーゾフ  演出=袋正
出演=岩崎加根子、小笠原良知  


あの名作をもう一度…名優2人が創り出す最高の叙情劇。
-何だかおかしい、
   あなたってかたに、めぐり逢うための人生だったのかしら、
あたしの人生って もしかしたら-


◆作品について

様々な過去をもつ男女…ひと夏を舞台に、老いてなお生きる喜び、人生の輝きを求める二人の
恋物語。観劇後、「人生って捨てたもんじゃないなぁ」と温かい気持ちになれるお洒落なお芝居です。
本作は、ロシアの劇作家アルブーゾフによる二人芝居。
これまでにもこの脚本に魅了された杉村春子さんや越路吹雪さんらが、『古風なコメディ』、
『ターリン行きの船』として、それぞれ別々のタイトルで上演されました。
俳優座では1981年に、村瀬幸子、松本克平で『八月に乾杯!』として上演され、全国各地で
好評を博しました。
スイングジャズにチャールストン・・・楽しくもあり、切なくもある音楽他ダンスも、
本作の魅力のひとつです。更には平和への祈りも込められています。
俳優座の財産として、後世に残すべきこの作品を、岩崎加根子、小笠原良知という二人の名優
が創り出します。最高の叙情劇をご期待ください。

◆あらすじ
1968年、北国の夏の海辺に突然出現した正体不明の女、煙に巻かれてしまう保養所の医師。
二人が相手のことが気になりだして言葉を交わすようになったのは、しばらくたった音楽会
の帰り道のことだった。二人は若くない。それが惹かれあった。
普通の幸せをあまり貰っていなかった二人。ひとりぼっちだった二人。他の何百万人の男と
女のように戦争で手ひどい仕打ちを受けた二人の慎ましいお話。
そして、二人が別れる時がおとずれ、八月に乾杯と―――。

 

全ての上演作品を見る