素晴らしい演劇との出会いがあなたの人生を豊かに

­
文字サイズ:

ピュアーマリ―公演 「殺しのリハーサル」


◆例会日程<会場 アリオス・大ホール>

11月16日(水)開演6:30
11月17日(木)開演1:00
※上演時間2時間予定(休憩なし)

原作=リチャード・レビンソン/ウィリアム・リンク
脚色=D.D.ブルック
演出=鈴木孝宏  翻訳=保坂磨理子
出演者=秋野太作、山本みどり、ほか

 

あの「刑事コロンボ」を生んだ名コンビ リチャード・レビンソンとウィリアム・リンクの傑作!
世界中の、ミステリーファン、演劇ファンを魅了してやまない珠玉の人間ドラマ。
物語の舞台は『劇場』、実力派俳優たちが繰り広げるバクステージ物語、鮮やかなどんでん返しに浮き彫りにされる、華やかなブロードウェイのライトに浮かぶ役者たちの陰影、世界中のファンを魅了してやまない必見の舞台。これぞ騙される快感! ミステリーの醍醐味を存分にお楽しみください!

 

◆あらすじ

ブロードウェイのとある劇場。誰もいない寂しさ漂う客席に姿を現す、劇作家アレックス。丁度その日は、恋人であった女優、モニカの一周忌であった。一年前の今日、彼女は結婚発表を目前に、自らの主演舞台初日に謎の死を遂げた。
彼女の死後行方をくらましていたアレックスは、この日、あの舞台の関係者であったプロデューサー、演出家、舞台監督、男優、女優等をこの劇場に招集していた。
自殺と処理された女優の死を、殺人事件と断定したアレックスは、この中に必ず犯人がいると確信し、それを暴くために殺人のリハーサルを決行する。果たして真犯人は?

扉座「最後の伝令」-菊谷栄物語-

◆例会日程 <会場  アリオス・大ホール>

2023年

1月28日(土)開演6:30
1月29日(日)開演1:00
※上演時間-2時間5分予定-(休憩なし)

作・演出=横内謙介
出演=岡森諦、中原三千代、有馬自由、伴美奈子、犬飼淳治、鈴木利典  ほか

 

作品について

昭和初期、浅草の劇場街で活躍したレビュー作家・菊谷栄(本名・栄蔵)。
昭和12年に徴兵を受け中華民国で戦死した彼が生きていたら、日本のミュージカルは30年早く進歩しただろうと言われている。
扉座主宰・横内謙介は1994年、都政施行50周年記念公演に『モダンボーイズ 洒落男たち』として菊谷栄と、レビュー小屋の人々の姿を青春群像劇として書き下ろしている。それから24年を経て、劇作家として成熟した視線と技術で、その時代を颯爽と駆け抜けながら、無念のうちに仲間たちと別れて戦死を遂げた、舞台人・菊谷の魂を新作として新たに描く。

菊谷の評伝に度々登場する、同郷青森出身の支援者・横内忠作氏は、主宰横内の遠縁の親戚であり、その生前、劇作家として歩き始めた若き日の横内謙介に、かつて友だった菊谷栄を書いて欲しいと言い残して亡くなっている。西欧文化を奔放に取り入れて時代の先端を走った華やかなレビュー作家の早すぎる戦死。
生と死、時代と人間の相克、菊谷の放つ強烈なコントラストは、横内にとって終生追及すべきテーマとなっている。

あらすじ
昭和初期、榎本健一率いる劇団ピエール・ブリヤントの座付作家であった菊谷栄は、ある日突然、劇場から姿を消した。軍から招集を受け、地元・青森に戻ったのだ。
劇団員は、借りたレコードや預かった台本、手紙・メッセージ等を確実に菊谷に届けるために、同市出身で新人の北乃祭に青森行きを命じる。

『僕はレビュー作家として、この戦争も見て来ます』

プリエール「マミィ!」

◆例会日程 <会場  アリオス・中劇場>

2023年

4月12日(水)開演6:30
4月13日(木)開演1:00
※上演時間-1時間50分予定

作・演出=田村孝裕
出演= 熊谷真実、佐藤B作、松金よね子、三津谷亮、宮﨑香蓮、伊藤桃花

放蕩を重ねる父と笑顔を絶やさない母。
理解に苦しむ子供たちは、母にヤキモキし、父を嫌った。

今日は母の還暦祝い。
しかし高齢の祖母が危篤状態に。
聞きつけた父が数年ぶりに帰宅し、穏やかだった家族の時間が軋み始める。
笑顔の裏に秘めてきた母の思いとは――。

あらすじ
埼玉県の一軒家に住む小須田家。夫は15年前に蒸発したまま音沙汰がなく、息子と娘は独立したため、今は姑と二人で暮らしている嫁の咲(さき)。咲はいつだって笑顔を絶やさなかった。時として子供たちにも理解できないほどにいつも笑顔だった。
今日は咲の還暦の誕生日。しかし高齢の姑が倒れて意識不明となりそれどころではない。心配した子供たち、そしてどこかで聞きつけた夫が帰宅し、皮肉にも久しぶりに家族全員が集まった。
父の無事を喜ぶ母に対し、嫌悪感丸出しの子供たち。平穏だった家族の関係が一気にゆがみ始め、太陽のような咲の笑顔のヴェールに包まれていた、それぞれの思いが露呈していくのであった―。

ページの先頭へ戻る