素晴らしい演劇との出会いがあなたの人生を豊かに

­
文字サイズ:

劇団扉座公演 『新浄瑠璃 百鬼丸』 ~手塚治虫「どろろ」より~

◆例会日程<アリオス中劇場>

5月29日(水)開演6:30

5月30日(木)開演1:00

※上演時間2時間10分(予定)
原作=手塚治虫  脚本 ・演出=横内謙介
主な出演者=岡村諦、有馬自由、山中崇史、犬飼淳治、累央、中原三千代、高橋麻理 ほか


手塚治虫生誕90周年を迎え、
最後の公演から10年の時を経て今、
扉座代表作としてよみがえる!

あらすじ】
天下麻の如く乱れた戦乱の世のこと。 コソ泥のどろろは、川に浮かんだタライの中に美しい刀を見つける。 タライの中、もうひとつの包みには、のっぺら坊の赤子が入っていた。 驚くどろろに、どこからともなく声が聞こえてくる。 心で語りかけてくるという「声」、独りでに動く刀「百鬼丸」。 父の天下取りのために、魔物に身体の48部分をとられて生まれてきたという「声」。 自身に「百鬼丸」と刀の名を付け、無くした身体を取り戻し、母上の元に戻りたいという「声」と共に どろろは、旅に出る。 そして遂に母との再会を果たす百鬼丸。しかしその再会は、百鬼丸やどろろに新たな悲劇を もたらしたのだった。 失われたものを、失われた時を、探しに…… 母への恋慕に。 父への憎悪に。


【作品について】

手塚治虫作品の舞台化で話題作を残してきた横内謙介さんが、2004年初めて劇団公演として手塚作品に取り組み、 好評を博した『新浄瑠璃 百鬼丸』。 少年向けコミックとして描かれた『どろろ』を、歌舞伎義太夫の寵児・竹本葵太夫の協力の下、神話的な語り物=浄瑠璃として 再構成したこの作品は、原作とは細部のストーリーが違っていますが、手塚作品を深く敬愛しつつ、新たな可能性を示した 作品として、手塚ファンからも圧倒的な支持を得ました。 特に、魔物に肉体を奪われて生まれてきた百鬼丸を、二人の黒衣(百鬼丸の声と影)として表現する演出は、精神と肉体の 相克をテーマとして追求した手塚治虫の魂を鮮烈に形象化したと評価されました。


各地で“浄瑠璃隊” 募集! 共に創り上げる『 百鬼丸 』

2016年「歓喜の歌」では、舞台に出演するコーラス隊を演劇鑑賞会の皆様から広く募集するという全く未知の企画を、皆様に御尽力をいただき、大盛況のうちに閉幕することができました。 2019年の企画では、再び皆様とともに舞台を立ち上げ、創って行ける作品を提出したいと思います。2009年に上演しご好評いただいた、手塚治虫氏「どろろ」原作『新浄瑠璃百鬼丸』。各地に浄瑠璃隊を結成し、『歓喜の歌』同様、舞台に出演して盛り上げていただく人たちを広く募集する予定です。 『歓喜の歌』コーラス隊では歌唱力を重視していたため、出演を断念された方々もいらっしゃたかと思いますが、本作品の浄瑠璃隊には情熱とやる気さえあれば、皆様ご参加いただけると思います。!!

エイコーン公演 『松井須磨子』 

◆例会日程<アリオス中劇場>

7月17日(水)開演 630

7月18日(木)開演 200 7月例会のみ

※上演時間1時間30分(予定)
構成 ・演出=加来英治
出演=栗原小巻  城所潔(ピアニスト)


~「いのち短し恋せよ乙女」須磨子の歌声が聞こえ響く、永遠に~
近代演劇史上に、一瞬の花を咲かせ、儚く散った、日本新劇最初の女優、松井須磨子。
芸術への深い愛、人生の機微を独自の形で、物語は進行する。

日本初の新劇女優・松井須磨子を栗原小巻が一人芝居で熱演!

栗原小巻演ずる松井須磨子とピアニスト城所潔の演奏で、百年前の、
幻の芸術座(島村抱月と須磨子が設立した劇場)が、
蜃気楼のように、遥かな霧の彼方に甦る。
須磨子は、結婚に破れ、自殺未遂という悲劇を乗り越え生涯をささげる崇高な演劇と、
運命の人、島村抱月とに出会う。 
二人は、力を合わせ、心を通わせ、新劇という困難な道を歩みだす。
やがて、須磨子の芝居、そして歌は、民衆に受け入れられ、その人生の絶頂期を迎える。
だが、須磨子の芸術人生は、抱月の死と共に、突然終焉する。
「いのち短し、恋せよ乙女」須磨子の『ゴンドラの歌』が、聞こえ響く、永遠に。

一人の女として、俳優として、時代の抑圧の中で自己を主張する須磨子の姿に
栗原小巻自身の生き方が 重なり、迫真の演技となった。

NLTプロデュース ミュージカル「O.G.」


◆例会日程<アリオス中劇場>

9月12日(木)開演6:30

9月13日(金)開演1:00

※上演時間1時間40分
作・作曲=まき りか 
演出=本藤起久子
出演=旺なつき  阿知波悟美


◆作品について

実力派の女優二人の競演、これが最大の見所です。共演ではなく二人の魅力、存在感を競い合うかのような舞台。 それでいて気心の知れた仲間のセッションと言う雰囲気。歌唱力、演技力、そしてサービス精神、”ふたりシアター”の 魅力が十二分に感じられる作品が『O.G』です。 宝塚出身の旺なつき。レ・ミゼラブルの出演で大きく羽ばたいていた阿知波悟美。素晴しい実力派女優であり、 ミュージカルスターと言える二人が主人公です。
この『O.G』で二人が演ずる役は、彼女らが普段演ずることがなさそうな、場末のキャバレー歌手です。 生活感丸出しのスーパーの袋に大根が見える買い物帰り。 二人の話題は、いかにもという、在り来たりのおばちゃんのおしゃべり。
ちょっと珍しい、歌い手という職業を持たなけれ、本当に等身大の市井の女友達の話に聞こえてきます。 この日常と別世界の芸能界。しかし芸能人と言っても、誰もが普通の人々であり、何かのきっかけで人生が変わる、 と言ってもいいほどの変化を遂げた人たちなのです。 このミュージカル『O.G』は、そんな変化を遂げていくサクセスストーリーです。 そして最後に高らかに歌い上げられるエンデングテーマは、「初めてのことがある限り・・・」と 二人のこれからの夢の実現を歌い上げます。 また、生のピアノ演奏が、実は3番目の出演者です。
演奏の巧みさだけでなく、 場面、場面で二人の掛け合いに応じるピアノ伴奏が、この『O.G』の世界に厚みを加えます。
音楽の魅力が『O.G』を、小さな劇場での初演から大きな劇場へと、成長させたのです。

ページの先頭へ戻る