素晴らしい演劇との出会いがあなたの人生を豊かに

­
文字サイズ:

加藤健一事務所公演 「サンシャイン・ボーイズ」

2022年4月『サンシャイン・ボーイズ』チラシ

 

<会員の皆様へ緊急のお知らせ>
4月例会『サンシャイン・ボーイズ』は、延期となりました。
延期公演の日程は、これから検討いたします。
不明な点は、平事務局 0246(21)5963 にお問い合わせ願います。

◆例会日程<アリオス大ホール>

4月7日(木)開演6:30
4月8日(金)開演1:00
※2時間30分予定(休憩15分)

作=ニール・サイモン   演出=堤泰之   訳=小田島恒志、小田島則子
出演者  加藤健一、佐藤B作、佐川和正、田中利花、照屋実、加藤義宗、韓佑華  

 

◆あらすじ

ニューヨークの古びたホテルの一室で、悲惨な生活をおくるひとりの男、ウィリー・クラーク。元はヴォードヴィルの大スターコンビであったウィリーは、ひとりとなった今でも役者として生きることを望んでいるが、なにもかもが上手くいかず仕事にありつけない。そこにある日、ウィリーの甥でありマネージャーのベンが特別な大仕事を持ってやってくる。ウィリーは当然引き受けると思いきや、出演の条件は元相棒アル・ルイスとの“サンシャイン・ボーイズ”による往年の名作コントだと聞いて出演拒否の一点張り!
喜劇の黄金時代が生んだ史上最高のコンビとまで言われたルイス&クラーク、11年ぶりの名コンビ復活となるのか!?

 

◆作品について

カムバックの条件は史上最悪な相棒との“サンシャイン・ボーイズ”復活だった!
人生の酸いも甘いも知った大スターコンビの笑い泣き人生を、加藤&B作コンビが、己の人生と重ね合わせてお魅せします。

喜劇王としてブロードウェイで名を馳せていたサイモンが、悲劇も書けることを証明するために発表した“辛口三部作”の1つ。ヴォ―ドヴィルの演芸にも親しんでいたサイモンが、よく知る芸人達を主人公に描いた作品で、主人公が70歳代の老人という点は他作品からも異彩を放っています。
この異色にして名作といわれるサイモンの代表作に、いよいよ古希を迎えた加藤健一が、同じく古希を迎えた佐藤B作を相方に迎えて挑みます。小田島恒志・小田島則子による新訳で上演です。

ページの先頭へ戻る