素晴らしい演劇との出会いがあなたの人生を豊かに

­
文字サイズ:

加藤健一事務所「滝沢家の内乱」

◆例会日程<アリオス中劇場>

2020年

1月30日(木)開演6:30

1月31日(金)開演1:00
 ※上演時間2時間20分(休憩15分)

作=吉永仁郎  台本・演出=加藤健一
出演=加藤健一  加藤忍  

◆作品について

とんでもない家に嫁いでしまった―――!

この世に数多いる女性たちへの応援歌でありながら、「八犬伝」脱稿というロマンに向かい、家族や師弟、男女の関係を超越してつながる二人の深い絆を描いた感動のドラマでもある、笑って泣いて大忙しのカトケン時代劇です。
“ごくフツーの女の子”だった「お路」の、嫁入りから成熟し貫禄ある大人の女性になるまでの遍歴をたどる細腕繁盛記のような成長ドラマ。波瀾万丈な日常を抱えながらも粘り強く大作を書き続けようとする読本作家「滝沢馬琴」の“物書きとしてのロマン”。そして気の遠くなるような共同執筆作業の果てに立ち現れる人知を超えた二人の絆など。この舞台には、共感・感動入り混じる、実に深く多様な物語がふんだんに込められています。
中でも特に、頑固一徹な義父であり師匠となる・馬琴に負けず、前向きに奮闘するお路の姿が多くの女性客の共感を呼びとても話題となりました。

◆あらすじ
文政十年。「南総里見八犬伝」執筆中の滝沢馬琴(加藤健一)の息子・宗伯の元に嫁いできたお路(加藤忍)。
高名な先生のお家と安心しきっていたが、そこはとんでもない家だった!!
一癖も二癖もある滝沢家の人々とのしっちゃかめっちゃかな毎日の中で、読み書きのできなかったお路が、目を患った馬琴に文字を教わりながら「八犬伝」を脱稿へと導くーーー。

 

ページの先頭へ戻る