素晴らしい演劇との出会いがあなたの人生を豊かに

現在のページ:トップページ > これからの上演作品 > 劇団1980 素劇 「楢山節考」
­
文字サイズ:

劇団1980 素劇 「楢山節考」



◆例会日程

2018年

3月29日(木)開演6:30

3月30日(金)開演1:00

※上演時間1時間45分(休憩なし)
原作=深沢七郎  演出=関矢幸雄
出演=柴田義之  藤川一歩 ほか

◆山と山が連なって、どこまでも山ばかりである。この信州の山々の間にある村。その日、おりんは待っていた二つの声をきいたのである。
♪楢山祭りが三度来りゃよ
    栗の種から花が咲く
文芸評論家・正宗白鳥が“人類永遠の書のひとつ”とまで評した深沢七郎の小説『楢山節考』を、
“素劇”で舞台化。『あゝ東京行進曲』に続く、ハチマルの素劇。あふれる遊び心と
想像力豊かな舞台で、人が〈生きる〉ことを問いかける渾身作。

【あらすじ】
信州の山あいにある小さな村。村には名前がないので、山ひとつへだてた所にあるとなり村とともに、お互いを向こう村と呼び合っていました。
その向こう村から50年前にこの村に嫁いできたおりんは、今年69歳になります。この村も向こう村も70歳になると、村から遥か離れた楢山にまいるという掟がありました。おりんは楢山に行けば、先祖や母や姑が神様になって迎えてくれると信じて、その日のために準備を重ねていたのです。
おりんのとなりは、銭屋と呼ばれる家でした。その家には、又やんと呼ばれる今年70歳になる老爺がいました。又やんは、本来であれば年が明けてすぐ楢山に行かねばならないのに、楢山に行くのが怖くて村中の笑いものになっていました。
あと4日で正月を迎える夜、おりんと又やんは息子に背負われ、それぞれ楢山に向かうのでした。

ページの先頭へ戻る